●  きいてください、看護婦さん ●
d0147742_0455377.jpg

ひもじくても、わたしは、自分で食事ができません。
あなたは、手の届かぬ床頭台の上に、
わたしのお盆を置いたまま、去りました。
その上、看護のカンファレンスで、わたしの栄養不足を、議論したのです。

のどがカラカラで、困っていました。
でも、あなたは忘れていました。
付き添いさんに頼んで、水差しをみたしておくことを。
あとで、あなたは記録につけました。
わたしが流動物を拒んでいます、と。 

わたしは、さびしくて、こわいのです。
でも、あなたは、わたしをひとりぼっちにして、去りました。
わたしが、とても協力的で、まったくなにも尋ねないものだから。 

わたしは、お金に困っていました。
あなたの心のなかで、わたしは、厄介ものになりました。 

わたしは、1件の看護的問題だったのです。
あなたが議論したのは、わたしの病気の理論的根拠です。
そして、わたしをみようとさえなさらずに。

わたしは死にそうだと思われていました。
わたしの耳が聞こえないと思って、あなたはしゃべりました。
今晩のデートの前に美容院を予約したので、
勤務のあいだに、死んでほしくはない、と。

あなたは、教育があり、りっぱに話し
純白のぴんとした白衣をまとって、ほんとにきちんとしています。
わたしが話すと、聞いてくださるようですが、耳を傾けてはいないのです。 

助けてください。
わたしにおきていることを、心配してください。
わたしは、疲れきって、さびしくて、ほんとうにこわいのです。

話しかけてください。
手をさしのべて、わたしの手をとってください。
わたしにおきていることを、あなたにも、大事な問題にしてください。

どうか、きいてください。看護婦さん。






↑は、ルース・ジョンストンという人が書いた「きいてください、看護婦さん」という詩。
看護師さんならきっと一度はどこかで見聞きした事があると思います。
私が初めてこの文章を見たのは、高校1年のとき。
テストにも出ないこの文章を、何度読んだだろう。
私の、看護師としての原点か・・・あ、原点は「キャンディ・キャンディ」だった(笑)。

でも、何かあるたび思い出すこの文章。
このところ、仕事でお年寄りと接する中で、この詩、そのまんまやなぁ・・・と思う事が
時々・・・いや、たびたび、あります。
文章だけ読んだら「こんなヒドイ看護師・・・」と思うけれど、看護や介護の現場では
結構あるある話なのです。哀しいかな。

忙しいから、人手がないから、私たちも人間だから「仕方ない」。
本当にそうなのです。環境が悪いんです。我慢してもらわないとしょうがない。

だから。
この先、もっともっとお年寄りが増えて、もっともっと人手が足りなくなって、
そして私たちが患者や老人になった時は、なーーんにもしてもらえなくても仕方ない。
さみしい思いも、しんどい思いも我慢する。
だって、看護師さんも介護士さんも忙しいもん。仕方ないもん。

・・・なんて、誰が思えるんでしょう。

いま一度、原点(は、キャンディだけどね)に立ち返らねば。
「きいてください、看護婦さん」なんて、言わせてはいけないな。
「もういいって!もう十分聞いてもらったって、看護婦さん」って言ってもらわなくちゃ(笑)
[PR]
by nonchan-f | 2014-02-04 03:17 | にっき。 | Comments(12)
Commented by sora-koto at 2014-02-04 08:41
こんにちは。
初めてコメントさせていただきます。

今、義祖母が入院しております。
時間が合わずなかなかお見舞いにもいけないんですが
祖母は医師や看護師さんが大変よくしてくださることを
顔を見に行くたびにニコニコ話してくれます。
大変なお仕事ですが、安心して家族を任せられるのは
病院の方々のおかげです。

ありがとうございます^^
Commented by ひより at 2014-02-04 10:14 x
お久しぶりです(^O^)

懐かしいなぁ~これ何度となく授業とかで出てきたわ~


初めて読んだ時は衝撃的やったわぁ~


キャンディキャンディかぁ懐かしいなぁ~あの頃はなんでもかんでもキャンディキャンディかピンクレディーが付いてたなぁ~


あの当時の物大切にしてれば今頃プレミアついてるんやろうなぁ~。
Commented by tsurumaru5 at 2014-02-05 00:19
やば!涙出ちゃう。
でも、それが現実なのかも。
でも、そうであってはいけないよね。
考えさせられちゃいます。
Commented by moonchocolate at 2014-02-06 01:34
こういう文章があるんだね。
看護師さんなら一度はどこかで見聞きしたことがあるくらい
看護師さんの中ではメジャーってところになんだかホッとしちゃった。
こういう視線があるということを知っていてくれるとこが嬉しいなって。
(哀しい事実が存在してるとしても^^;)

思いやりって大事よなーって改めて思ったよ。
それは思いやりがないなぁ…って思う行為を起こすひとって
たいてい相手のことを思わない、自分の身に置き換えて考えないってことが多い気がして。
自分の身に置き換えてみて、してほしいこと全てをやるのは難しいし、
応えてたらこちらがパンクしちゃうかもしれないけど
されて嫌なことをしないでいるのはできるんじゃないかなぁと思ったり。
…なんて言っちゃったけど、私も思いやりに欠けるときあるから気をつけなくちゃ^^;

nonchanさんはひとを和ませる力があるから
患者さんもきっと安心してお話できるやろうねぇ^^
Commented by ふっさん at 2014-02-06 07:11 x
おはようございます。

初めてこの詩を拝見しました。
ぼくも仕事柄お年寄りを相手にすることがあります。
この詩を大切にしたいと思いました。
Commented by nonchan-f at 2014-02-06 14:47
■sora-kotoさん

はじめまして^^コメントありがとうございます。
そして、なんだかイイお話を聞かせていただいて、こちらこそ
ありがとうございます!
普段は気にならないような事も、病気で入院していると
看護師をはじめ、病院のスタッフの言動ってすごく気になりますよね。
今まで自分がやってた事も、患者さんの立場で見聞きすると
「なんて事をしてたんだ・・・」と反省せざるを得ない事がたくさん
あります。
病院というあまり楽しくない空間で、そうしてニコニコとお話できる
おばあさまもエライなぁ~と思います。
Commented by nonchan-f at 2014-02-06 14:57
■ひよりちゃん

久しぶり~!元気にしてる?
「きいてください、看護婦さん」懐かしいやろ~。
私も最初は「こんなヒドイ人、いてるん?」と思ったけど、意外に
普通の出来事なんやなと気づく、今日この頃(今さら・・・)。

キャンディキャンディも懐かしいよなぁ。あれがなかったら私、
看護師にはなってないかもしれん。漠然と「看護婦さん」になりたい
と思ってたけど、1人の人に憧れたっていうのが大きいわ。
ま、漫画やけど(笑)
ピンクレディーも好きやった☆生まれて一番最初に好きになった
アイドルかもなぁ~♪今でもUFO踊れるもんな(笑)
Commented by nonchan-f at 2014-02-06 15:00
■turumaru5さん

コメントありがとうございます♪
現実は、なかなか理想通りにはいかないものですが、
だからって「仕方ない」って言ってしまう事にはなんだか
抵抗がありますよね・・・。
なんとか工夫して、やれる範囲での理想を追い求めないとなぁと
思いますが・・・なかなか難しいです><
Commented by nonchan-f at 2014-02-06 15:11
■ゆおさん

私も看護師目線で「患者さんにはこうすればいい」と思ってた事、
案外自分が患者になると間違ってたなーと思う事もいっぱいあったし、
また、親が病気して「家族」という目線で見たら、またなんか違う
感情があったりして、やっぱりその人の立場にならないとわからない
事ってたくさんあるんやなぁって思ったよ。
同じ立場でも、その人によって感じ方も違うやろうけど。

ゆおさんの言う通り、職業とか関係なく、相手の立場に立ってモノゴト
考える事ってホントに大切やと思う~~。
私も「この人ってイマイチな人やな・・・」と思う人は、たいていそういう
想像力みたいなモノに欠けてる人やねん。
・・・なんて、えらそうに言えるほど私も人を思いやれてる自信は
ないけどさーーー(汗)。
ゆおさんは人を思いやる事がちゃんとできる人やで~。ホントに。
いつも一緒にいて、心地よいもん♪
なんていうか、常にもてなしてもらってるような気分になる^^

・・・というわけで、また梅が咲く頃には写真散歩を再開しよー♪
(↑どういうわけだか?)
Commented by nonchan-f at 2014-02-06 15:15
■ふっさんさん

この詩はたまたま患者さんから看護師へ向けた詩だけど、
こういうのって看護職に限らずでしょうね。
どんな仕事も向こう側には「人」がいますもんね。
その相手が何を求めているのか、自分はどうすればいいのか・・・
何の仕事でも大事なのはそこなのかなぁと、ふと思いました。
私ももう一度、お年寄りの気持ちになって、すべきこと考えようと
思います^^
Commented at 2014-02-09 22:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nonchan-f at 2014-02-10 11:08
■鍵コメさん

お久しぶりです^^時々覗いては、元気にされてる確認してます(笑)
やっぱり鍵さんのところでも、こういう事ありますか。
お世話する方も人間だし、そうそういつも優しく天使のようには
できないけれど、極力、8割がた天使でいられれば・・・と思って
やってますけどー・・・できてるかどうかは・・・難しい所^^;
鍵さんの言うとおり、患者さんも同じく一人の人間だし、しかも
高齢になればなるほど、わがままだったり頑固だったりの性格は
変えられないですもんね。若い側の私らが合わせないと
仕方ないんだろうなと思いながらも、本気で腹立ったりねー。
自分を責めすぎる事なく、ダメだったなぁ・・・と思う事は素直に
反省して、次に活かせるようにしたいなと思ってます。
お互いにがんばりませうねっ♪
<< ワインの森 故郷 >>


カテゴリ
にっき。
おでかけ。
たび。
かふぇ。
ごはんとおやつ。
すき。
かめ。
ものづくり。
こめんと。

以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

タグ
(792)
(524)
(209)
(86)
(67)
(64)
(43)
(41)
(40)
(26)
(23)
(23)
(18)
(17)
(17)
(16)
(15)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)

お気に入りブログ
私の好きなもの
すずちゃんのカメラ!かめ...
tamごこち
Found days
mon bijou
fuu.....nnm....
*1Day- photo*
with:ism
コムスメ * カメラ
aozora風味
くらしのおと
SCRAPBOOK*|エ...
colorful days
runapica(るなぴか)
my Photo blog 
キラキラしあわせ写真館
LIFE TIME* w...
na+10 カメラと日常生活
ayumilife wi...
Love Chain
Wonderful Life
OneDayRoom
toriko
月とチョコレート
Little cat i...
ルイの東京日和
smile*7colors
のはらのkiss模様
papabubure
sim*ply ph...
Be the chang...
やわらかな日

link

最新のコメント
■sawaさん ご..
by nonchan-f at 23:25
こんばんはです。 今年..
by sawa724 at 23:22
■tsurumaru5さ..
by nonchan-f at 22:03
こんにちは。 ポケモン..
by tsurumaru5 at 18:23
■tonchanさん ..
by nonchan-f at 01:27
■ふっさんさん 亀..
by nonchan-f at 01:22
遅くなりました。 ショ..
by doronko-tonchan at 19:41
おはようございます! ..
by ふっさん at 06:19
■ふっさんさん た..
by nonchan-f at 20:45
おはようございます! ..
by ふっさん at 06:17

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

- Designed by Angel Voice* -